環境省から自然歩道関係功労者の表彰状を授与されました

いわみガイドクラブは、岩美町を中心に、中国自然歩道の保護、外来生物の駆除、登山道の草刈りや整備などを自主的に地道に行っており、

 

平成15年発足時の初代会員の意志をついで新しい会員も携わってまいりましたが、その活動について思わぬ表彰を受けました。
スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

環境省から自然歩道関係功労者の表彰状を授与

10月3日に岩美町役場にて、鳥取県東部生活環境事務所 所長 亀井 雅議氏から、表彰状を伝達されました。

功績としててあげられた概要が

平成15年の設立当初から
中国近畿連絡自然歩道を中心とした
清掃活動や植生保護、歩道ガイドを行い、
自然歩道の維持・管理及び利用の推進に貢献。

 

自然歩道を含む山陰海岸国立公園内での
利用者のマナーアップ等について貢献。

 

引用 鳥取県元気づくり総本部広報課

ということだそうです。

自らの意志で集まっている団体で、岩美町のことや自然のことを思い活動してきたことで特別なことだとは認識しておりませんでしたので驚きとともにありがたく思います。

 

ただ、こういった活動はいわみガイドクラブだけではなく、環境省の浦富自然保護官の方々や鳥取県・岩美町・各方面の皆様と

 

国立公園のマナーアップ 外来生物の駆除と在来生物の保護 自然歩道のパトロール

 

などをともに行ってきました。各方面からボランティア活動として参加しませんかとお声掛けいただいて集まったり、いわみガイドクラブのお声掛けに各方面の方々が参加していただいたりと、決していわみガイドクラブだけの功績ではありません。

 

これからも皆様と協力をし合いながら岩美町の自然歩道、海や山などの自然環境保護と学習、ガイド活動を行ってまいりますのでよろしくお願い申し上げます。


出典:http://iwamiguideclub.com/member/sizenhodou.html